ちゅらさん-無料動画&第1話からのあらすじとキャスト(一部ネタバレ注意)

ちゅらさんの基本情報

【放送日】:2001年4月2日~9月29日(毎週月曜日~土曜日8時15分~8時30分)

【放送局】:NHK

【原作】 :

【演出】:

【脚本】:岡田惠和

【主題歌】:Best Friend(Kiroro)

あらすじとみどころ(ネタバレなし)

沖縄・小浜島の美しい自然の中で育ったヒロインが、個性的な人々の優しさに支えられ、命の尊さや家族の絆を胸に、のびのびと大らかに成長していく姿を描いたドラマ。
引用元:NHK

ちゅらさんのオープニング動画

キャストと登場人物

古波蔵家
上村(古波蔵)恵里・・・国仲涼子(少女時代 – 浦野未来)
古波蔵 ハナ・・・平良とみ(ナレーション兼任)
古波蔵 恵文・・・堺正章
古波蔵 勝子・・・田中好子
古波蔵 恵尚・・・ゴリ(ガレッジセール)(少年時代 – 宮谷恵多)
古波蔵 恵達・・・山田孝之(少年時代 – 村上雄太)
上村家
上村 文也・・・小橋賢児(少年時代 – 山内秀一)
上村 和也・・・遠藤雄弥
上村 静子・・・真野響子
上村 伸生・・・勝野洋
上村 和也・・・鈴木翔吾
一風館
島田(桐野) みづえ・・・丹阿弥谷津子
島田 大心・・・北村和夫
城ノ内 真理亜・・・菅野美穂
柴田 幸造・・・村田雄浩
柴田(池端) 容子・・・余貴美子
北栄総合病院
下柳 聡子・・・戸田恵子
古波蔵(佐々木) 奈々子・・・佐藤藍子
古波蔵(中町) 祥子・・・山口あゆ
西宮 遙・・・小西真奈美
神田 秀美・・・清水ミチコ
太田 春子・・・谷川みゆき
篠原 美保・・・高橋美佳子
村山 麻衣子・・・菊地百合子(現:菊地凛子)
倉田 りほ・・・橋爪しのぶ
土井・・・ 大定純子
野口・・・佐藤匡美

ちゅらさんを見た人の感想

ネタバレなしの感想

ちゅらさんを演じる国仲涼子さんの笑顔にやられたドラマです。沖縄が舞台になっているということで、あまり沖縄に縁がなかったので見る気はなかったのですが、どんどんはまってしまいました。ちゅらさんの実家でのお話が一番楽しかったです。
おばあちゃんがとてもいい味を出していて、電話がかかってくるのを予知して「くるよ。」と言うところでは、ばかみたいに何度でも笑ってしまいました。
みんなが、「えりぃ、」と優しく話しかけているのが印象深いです。思い出されて心が温かくなります。(40代女性)
「家族の絆」と「命の尊さ」を描き、国仲涼子が演じるヒロインの恵里の天真爛漫さと優しさに癒されながら楽しむことができます。
ちゅらさんはを見ていると元気が出てき、家族や大切な人との絆、命が本当に大切なものだということを改めて考えさせられます。朝から心が晴れるような気持ちにさせてくれる、2000年代を振り返ってもこれ以上はないと言えるような朝ドラだったと思います。(30代男性)
NHKの朝の連ドラは朝にリアルタイムで見る事が出来ないので、放送開始されてから1週間分を録画して見て、気に入った奴だけを引く続き録画で視聴していました。
その数少ない一つが「ちゅらさん」です。ヒロインの国仲涼子さんが瑞々しく健気でたまらなく好きでした。
堺正章さんの沖縄なまりを耳が覚えてしまい、沖縄旅行に行った際、現地の方の会話にニヤリとしたのを覚えています。恵理が上京してからの物語では、国仲さんの他に、菅野美穂さんが演じた不思議キャラの小説家が好きした。
いい歳したオヤジが、月~土曜分の録画を見ながら時に涙したものですが、このドラマの清涼感は、私にとって、人生で一番仕事に忙殺されていた頃の一服の清涼剤であった事は間違いありません。(60代男性)
沖縄と東京を舞台にした作品でしたが、平良とみさん演じる「おばぁ」の方言が、当時の私には新鮮でした。のんびりした人々の気性と、明るい沖縄の風景。そして家族が仲良く暮らす様が、印象的でした。
今思うと、主人公・恵里(えりぃ)の兄がゴリさんで、弟が山田孝之さんというのは、とんでもない豪華なキャストですね。ヒロインを演じた国仲涼子さんは明るく前向きで、フレッシュな魅力を発していました。マスコット「ゴーヤーマン」も、可愛いかったです。(30代女性)
ちゅらさんは純粋な恋愛ストーリーでした。主演を務めていたエリィこと国仲涼子さんに惚れ惚れしてしまうような真っ直ぐさが良かったです。歴代の朝ドラの中でも1番ではないでしょうか。
ちゅらさんは沖縄が舞台でしたが、当時は話題になるほど素敵でした。
話の中にサーターアンダギーがよく出てきたのですが、あれを美味しそうに食べる菅野美穂さんを見ていて良いなと何度も思ったものです。(30代女性)
国仲涼子さん主演のドラマで、『ザ・沖縄!』って感じのドラマでした。沖縄では、おばあちゃんの事を、おばぁと呼ぶらしく、このドラマで初めて知りました。この頃は、お母さん役の田中好子さんが元気に撮影されていた頃でした。 国仲さんの家族が愉快でした。優しくて、いつもどっしり構えたお母さんの田中好子さん。何だかいつも、踊っている印象のお父さんの堺正章さん。お兄ちゃんのゴリさんは、いつも家族に迷惑をかけていながらあまり悪びれる様子もなく、可笑しかった記憶があります。再放送があったら、また見てみたいです。(40代女性)
国仲涼子さんの可愛さや明るさに惹かれ、はじめて毎日連続で朝ドラを観ることに……!
沖縄の人達ののんびりした感じや、おばあの優しさ、弟役の山田孝之さんの格好良さに惹かれ、優しさあふれる大好きな朝ドラでした。
えりぃが看護師となり、結婚し、立派に成長して行く姿が本当にまぶしかったです。夫役の小橋賢児さんもほんわかした雰囲気ながら、頼れるお医者さんで、本当に「善人」しか出てこないドラマで安心して最後まで観ることができました。大好きな朝ドラです。(30代女性)
私はちゅらさんの沖縄の景色が大好きで、実際に見に行きました。首里の金城町の石畳、小浜島、竹富島などです。ちゅらさんは沖縄独特の風や自然、方言、文化がよく伝わり、沖縄の魅力がぎっしり詰まっていました。
対して、東京の景色は殺風景だなと思いました。沖縄の場面になるとほっとしたものです。港の桟橋の景色が印象的です。
ヒロインの国仲涼子さんの魅力も十分に発揮されていたと思いますし、ゴーヤーマンの存在がいつもおかしかったです。主題歌を歌うキロロのお二人も沖縄の方で、これまたちゅらさんの明るい空気に合っていたと思います。全体を見て凄く良い雰囲気でした。(40代女性)
沖縄が原点となるこの朝ドラは、国仲涼子をはじめその他俳優陣、そして主題歌を歌うkiroroや沖縄に縁のある方々が勢揃いの島人物語です。えりと文也の恋愛模様はもちろん、家族の絆、人と人との暖かい心のつながりがとても深く伝わってくる人情味のある物語です。
えりの天真爛漫な人柄に周りは振り回されたり、時には深刻な壁にぶち当たったり、笑いあり涙ありで展開が毎回見ていてとても面白かったです。あのおばあの優しい語りに何度泣かされたことでしょう。『命どう宝』というテーマで語られたストーリーは、毎回心に響くものがありました。
このドラマを観たら、きっと沖縄へ行ってみたくなると思います。(30代女性)
毎日このドラマを見るのが楽しみで仕方ありませんでした。主人公が住む沖縄という舞台がとても気に入り旅行に行ったくらいです。
始めは元気な学生という感じだったのですが看護師になったくらいから、どんな壁があってもめげずに頑張る姿に心打たれました。
おばぁの人柄もよく沖縄の風洞が生んだスターだと思いました。けいたつはとてもひょうきんな性格なので見ていて毎朝元気をもらったくらいです。(30代男性)

ちゅらさん全エピソード

第1週 美(ちゅ)ら海の約束
第2週 帰ってきた兄(に)ぃ兄(に)ぃ
第3週 やまとの誘惑
第4週 ハイサイ!東京
第5週 涙のアンダギー
第6週 哀愁のオキナワンボーイ
第7週 迷子のマブイ(魂)
第8週 東京ゆんたく
第9週 暁(あかちち)のアリア
第10週 太陽(てぃだ)、見つけた!
第11週 運命の交差点(あじまあ)
第12週 恋しくて肝(ちむ)どんどん
第13週 おばぁの秘密
第14週 ガジュマルの樹の下で
第15週 古酒(くーす)で乾杯!
第16週 ちばりよー!一人前
第17週 花嫁美(ちゅ)らさよー
第18週 家族の風(かじ)
第19週 かりゆしの出逢い
第20週 めんそーれ ベイビー!
第21週 なんくる 子育て
第22週 お母さん(あんまー)は大忙し
第23週 近くにあるカフー(幸せ)
第24週 和也の涙(ナダ)
第25週 美(ちゅ)ら海の願い
第26週 命(ぬち)どぅ宝

ちゅらさん無料視聴動画

主な動画サイトでタイトル無料動画を探す!

Youtube
Dailymotion
pandora.tv
ニコニコ動画
FC2動画

コメント