下町ロケット(2018年版)-第6話の無料視聴動画-[2018年11月18日放送]

下町ロケット(2018年版)の第6話-新シリーズに突入!この国の未来のために〜帝国重工との対決のあらすじ

準備中

下町ロケット(2018年版)の基本情報やキャストなどもっと詳しく見るには詳細ページへ

下町ロケット(2018年版)-無料動画&第1話からのあらすじとキャスト(一部ネタバレ注意)
下町ロケット(2018年版)の基本情報 【放送日】:2018年10月14日~ 月 日(毎週日曜日21時~21時54分) 【放送局】:TBS 【原作】 :下町ロケット ゴースト(池井戸潤) 【演出】:福澤克雄/田中健太 【脚本】:丑...

下町ロケット(2018年版)第6話の予告動画

下町ロケット(2018年版)の第6話を見た人の感想

ネタバレなしの感想

日に日に悪役が増えていく(笑)どの悪役も悪い顔がお上手です!佃製作所、ますますピンチになっていきハラハラ!でも今回の見どころはチームナックス、リーダーの森崎さんの登場でしょうか!道民は興奮したに違いありません。リーダーが下町ロケットに出てるー!しかも北海道の大学で農業に携わってる役なんて…!農業タレントの力を存分に発揮しましたね(笑)ジンギスカン食べてるシーンも笑いました。(30代女性)
佃製作所を中心に様々な人間関係の発展、事業の展開。このドラマの良いところが今回も溢れていました。
退職して殿村のお米へのプライドには、感動しました。娘の成長と大学時代の仲間の登場、新たなライバルの出現と新たな邪魔者出現。
このドラマは一貫してロケットということでつながっているものの、いつ見ても新鮮で飽きない展開が面白いです。これからの展開を予想しても、毎回予想の一歩先を行かれ裏切られます。次回も楽しみです。(30代男性)

一部ネタバレありの感想

何をやろうとしても毎回色々な問題が起きて潰されてしまいそうになる展開にはやきもきしてしまいます。
せっかく裁判で勝利したのにギアゴーストとはうまくいかなくなってしまったり、財前さんと力を合わせて農業への自動運転を導入しようとしていたのに上の人の勝手で潰されたり。
普通ならば嫌になって投げ出してしまいそうな展開だらけですね。
今回はちょっと登場人物が多くて話しが複雑になってきていて相関図でも見ないと把握しきれない感がありました。どうなっちゃうんだろうとまた次週に期待しています。(30代女性)
下町ロケットは、第2章「ヤタガラス編」へと移っていきました。吉川晃司さん演じる財前がとても人間的で魅力的に感じられました。ロケットから無人農業ロボットの開発を目指したいと言っておられたのにも、これからの農業を背負う若者も減少していき、農業に従事する人たちも少なくなるのは、目に見えたことです。そんな中、美味しいお米を作っていきたいという気持ちには、なんか心打たれました。ギアゴーストの伊丹産の裏切りや的場さんへの復讐、島津さんの突然の退職など不信感や非情な言葉などが渦巻いている中、とても心地よかったです。(60代女性)
第2章が始まり、伊丹社長の変貌ぶりに驚きました。いくら帝国重工に恨みがあるとはいえ、佃社長には何の罪もないのにあんな態度はひどすぎますね。殿村の、我が家の米を守ろうとするのも素晴らしいですし、そこからヒントを得て、昔なじみの野木を再度説得する佃社長はやはり夢追い人、熱い人でした。財前部長の新しい夢も素敵ですが、的場から邪魔をされそうで気がかりです。このドラマは、善人と悪人がはっきりと分かれており、悪い側の悪人っぷりには毎度モヤモヤとさせられますが、その分必ず最後は善人が勝つので、その時が痛快です。今回も紆余曲折ありながら必ず佃社長側が勝つと思いながら見ています。(50代女性)
「下町ロケット」は、あとからあとから悪役?が出てくるので、どの人が味方か分からなくなってしまうほどです。帝国重工の財前部長(吉川晃司)の存在はドラマの中でとても大きいと思います。帝国重工のロケット事業からの撤退はとても残念です。
上層部の思惑と佃製作所との縁との間で板挟みになって悩む財前の姿がとても興味深いです。
また、殿村(立川談春)の米農家へのやっかみの人物が登場してきて、今後の展開が楽しみです。(60代男性)

下町ロケット(2018年版)の第6話無料視聴動画

Pandora.tv
B9
Dailymotion
tver

Youtubeで検索
Pandora.tvで検索
Dailymotionで検索

コメント