神様、もう少しだけ-無料動画&第1話からのあらすじとキャスト(一部ネタバレ注意)

神様、もう少しだけの基本情報

【放送日】:1998年7月7日~9月22日(毎週火曜日21時~21時54分)

【放送局】:フジテレビ

【原作】 :オリジナル

【演出】:武内英樹

【脚本】:浅野妙子

【主題歌】:I for You(LUNA SEA)

あらすじとみどころ(ネタバレなし)

音楽プロデューサーとして成功はしているが、生きることに傍観的な石川啓吾(金城武)が、コンサートの帰り、一人の少女に出会った。少女は女子高生の叶野真生 (深田恭子)。真生は、ケータイを持ち街を徘徊、時には援助交際で小遣いを稼ぐ、今時の女子高校生。生きるということの意味を手探りしていた。啓吾と一夜を共にしたことから真生は迷いが消え、一方啓吾も真生の天真で素直な気持ちに、心が満たされ、真生に魅かれる。だが、真生はHIVに感染していた・・・。
引用元 FODプレミアム

神様、もう少しだけオープニング動画

キャストと登場人物

主要人物
石川 啓吾(25)・・・金城武
叶野 真生(17)・・・深田恭子
真生の関係者
日比野 イサム(22)・・・加藤晴彦
織田 麻美(17)・・・矢沢心
野口 孝明・・・永堀剛敏
啓吾の関係者
瀧村 カヲル(20)・・・仲間由紀恵
瀧村 リサ・・・宮沢りえ
久保 隆・・・東根作寿英
叶野家
叶野 義郎(44)・・・平田満
叶野 弥栄子(41)・・・田中好子
その他
田村 香奈・・・田中有紀美
伊沢 浩之(30)・・・竹下宏太郎
平塚医師(40)・・・伊佐山ひろ子
有田 佳克(42)・・・益岡徹
*カッコ内はドラマの年齢設定

神様、もう少しだけを見た人の感想

ネタバレなしの感想

主演金城武で、深田恭子はこのドラマでデビューしました。そしてまだ脚光を浴びる前の仲間由紀恵も出演しており、今見るとそうそうたるメンバーです。
いつまでも続くと思っていた日常が、いきなり、もう少しでそれが終わると知ってしまったら?こんな現実にもよくある状況を題材としたドラマです。
自分もしくは恋人が、残り数か月の命だったらどうするか…といった状況を自分に反映してみると、かなり面白く見れるドラマだとおみます。ツッコミどころもおおいですが、ハマると最後まで一気に見たくなりますよ。(30代男性)
この時はまだ、深キョンの演技が下手…というか棒読みだったので、大根役者だなと思ったのが懐かしいです。でも、深キョンが可愛いのはこの時も今も変わらないですね。金城武はかっこよかった。けど、微妙に長い髪形が苦手だったなと思います。
このころはまだ病気の事とか自分の身近に感じていなかったし、そういう話を友達同士、学校でしなかったのと、家でもそういう話をしたことはなかったから、真剣にドラマをみていたと思います。(30代女性)
なんとなく見始めましたが、可愛いらしい深田恭子さんが、HIVに感染した女子高生役という設定で、衝撃でした。
しかも、どうしても行きたいコンサートの為に、一度だけ身体を売ったことが原因で……。
「人生に潜む、思いがけない落とし穴」
「取り返しのつかない過ち」
を感じさせ、子供ながらに怖くなりました。
そして相手役は、たしか金城武さん。
ちょっとカッコ良すぎ、スカした役だなあ……と思いながら見ていました。
好きな俳優さんですが。
病気を抱えながらの学生生活、恋、そして妊娠……。
リアルではなくても、どんな境遇でも諦めず、立ち上がる生き方を感じました。
そして、主題歌が印象的で……
「心から~♪」
というサビ、今でも覚えています。(30代女性)

一部ネタバレありの感想

深田恭子さんと同い年で、女子高生だった私(私の友人も)は、主人公を自分に重ねて毎週観ていました。
お金欲しさに援助交際をしたことで、HIVに感染する少女の人生ですが、憧れの音楽プロデューサーを愛することで生きる意味を見つけ、闘っていく姿には毎週感動していました。
特に好きなシーンは、第1回目、コンサート帰りに金城武演じる音楽プロデューサーとの出会いのシーンで、走って歩道橋から横断幕を広げるシーンと、街中でそのプロデューサーの特大ポスターを少女のために一緒にいたプロデューサー自身が盗み、二人で手を繋いで東京の街を走るシーンです。(30代女性)
涙無しでは見られないドラマでした。当時は中学生でしたがエイズの恐ろしさを学んだドラマです。金城武さんと深田恭子さんの恋の行方やエイズの進行具合に毎回ハラハラとドキドキしながら見ていました。エイズであることを受け入れて深田恭子さんを愛する金城武さんが素敵でした。
最後は深田恭子さんは亡くなりましたが、子供と一緒に空の絵を書いて優しく微笑む金城武さんの姿が印象的でした。(30代女性)
金城武と深田恭子どちらも好きなので見ていました。このドラマで深田恭子がデビューしたのだと思います。深田恭子は芸歴がすごく長いですね。深田恭子は援助交際をしていてHIVになってしまう役でそれだけでも当時は話題になっていました。深田恭子の演技力と可愛さにみんな負けてしまっていました。エイズになってしまった深田恭子の周りをみんなが一斉に去っていくのも衝撃的な内容でした。(40代女性)
主人公が突然HIVに感染してしまい、それからの新しい出会いが恋愛がスタートするストーリーでした。自分と同年代の主人公の存在が、遠いけれども近いような感覚でドラマを観ていました。
深田恭子がとてもかわいかったのですが、まだ演技を勉強されているような感じで 金城武とのかけあいも、微妙な緊張感がありました。
HIVについても、あやふやな知識しかなく、そのドラマで阿多らしく知る情報がたくさんあったと思います。(30代女性)
毎週楽しみに観ていました。当時は、エイズというものに対してあまり知識もなく、恐ろしいという感覚だったのですが、このドラマを観て、純粋に人を愛すること、ヒロインの選んだ人生に感動しました。たまたま関係を結んでしまった男性から、エイズ感染してしまい、自暴自棄になったり、エイズ感染させた男性を恨んだりしながらも、本当に愛する男性と出会う中で、どんどん成長し、やがて結婚し、赤ちゃんができますが、その赤ちゃんがエイズ感染していないかと苦悩する姿や、必死に支える男性の姿に、感動しました。
本当に人を愛するということ、それにより強くなれたり、悩んだり、葛藤したり、生きることや、命の奇跡、尊さを考えさせてくれるドラマでした。(40代女性)
私は深田恭子さんが出演したドラマの中で、この作品が1番好きです。
有名人に恋した普通の女子高生が、恋をして、病気になり、結婚・出産をしてこの世を去る。ストーリーはありきたりな病気ものの恋愛ドラマ。でも、とても考えさせられるすばらしいドラマです。何より出演者のみなさんの演技がとてもすばらしい。深田恭子さんのスピーチのシーンは純粋で真っ直ぐで綺麗事だけでなく、本当に心にくるものがあります。
娘を心配する母親や、男友達、そして最愛の人、色々な人間関係があり、「生きることとは?」をストレートに伝えてきます。
十代だった深田恭子さんはいい意味でとても普通で、それが当時同世代だった私はとても共感できたし心に響きました。(30代女性)

神様、もう少しだけ全エピソード

第1話 命を懸けた恋が今始まる…エイズウイルス感染の告知
第2話 好き…貴方が命を奪ったとしても
第3話 生きている…その喜びと悲しみよ
第4話 最後の愛を失った時少女は…
第5話 心開いてご覧…君は一人じゃない
第6話 生きるための闘い…勇気を下さい
第7話 好きじゃなきゃ、生きていけない
第8話 お前を死なせない
第9話 運命が愛を踏みにじる
第10話 二人、結ばれる夜
第11話 命を削る新しい命
第12話(最終回) I FOR YOU…愛と命の輝きのために

神様、もう少しだけ無料視聴動画

主な動画サイトでタイトル無料動画を探す!

Youtube
Dailymotion
pandora.tv
ニコニコ動画
FC2動画

コメント