ドロ刑 -警視庁捜査三課–第1話の見逃し&無料視聴動画-[2018年10月13日放送]

ドロ刑 -警視庁捜査三課-の第1話-新米刑事を大泥棒が育てる!? 異色バディが事件を解決!! まさかの大逆転劇のあらすじ

準備中

ドロ刑 -警視庁捜査三課-の基本情報やキャストなどもっと詳しく見るには詳細ページへ

ドロ刑 -警視庁捜査三課-無料動画&第1話からのあらすじとキャスト(一部ネタバレ注意)
ドロ刑 -警視庁捜査三課の基本情報 【放送日】:2018年10月13日~ 月 日(毎週土曜日22時~22時54分) 【放送局】:日本テレビ 【原作】 :ドロ刑(福田秀) 【演出】:大谷太郎/中島悟/高橋朋広 【脚本】:林宏司 【...

ドロ刑 -警視庁捜査三課-第1話の予告動画

ドロ刑 -警視庁捜査三課-の第1話を見た人の感想

ネタバレなしの感想

最近の若い子ってこんな感じなのかな~。ゆるく、なんとなく生きている。嫌だなと感じれば続けることを選ばず辞める事を選択しそうになる。そんな感じの主人公を見ていると、会社での扱いに困るご年配方の気持ちが分かるような気がする。だけど、ゆるく適当に見える主人公、だけどきっちり抑えるところは抑えている。「へ~なるほど!」と思える犯人への取り調べ。決める時は決めるんだね~と感心です。今の子たちもそんな風に、いざとなったらしっかり行動に移してくれるのかしら?能力を隠しているだけなの?と思うとなんだか笑えました。(40代女性)
ドロ刑ー警視庁捜査三課を見た私の感想は、主役の班目勉役の中島健人さんの演技がちょっと微妙だなぁというのが強い印象です。しかし、その周りを固める遠藤憲一さんや中村倫也さんの演技はやはり素晴らしく、ストーリーもとても面白くドンデン返しのあるもので、次が楽しみです。
特に遠藤憲一さん演じる幻の大泥棒煙鴉はとてもいいキャラクターで、泥棒の心理をよく理解した上で班目勉に協力するというちょっと変わった設定はワクワクするものがあります。(30代男性)
予想していた以上に面白いドラマでした。泥棒を捕まえるのがメインなので、殺人事件のような見たくない映像がないところも良かったです。
伝説の大泥棒の本当はとても良い人的な性格と、全てを悟っていて、自己評価が低すぎる新人の刑事のコンビは意外と馬が合っていて良いのではないかと思いました。もしかしたら、二人は自分のない何かを相手に求めているのかもしれません。
今後、新人刑事がやる気を出してきて、大泥棒との関係がどうなっていくのかが気になります。(30代女性)

一部ネタバレありの感想

誰も姿、形を観たことのない、伝説の大泥棒と、新人刑事がタッグを組んで事件を解決していくというストーリーは斬新だと思いました。それが可能になっているのは、新人刑事がとても冷めている性格で、熱血とは真逆だったからだと思います。
二人は偶然バーで出会いましたが、普通の刑事であれば、大泥棒が隣に居れば、探りを入れていくと思います。しかし、彼は仕事中ではないという理由から、まったくそのような気配もありません。
また、大泥棒の方も、このやる気がなくて、自己評価の低い新人の刑事を一人前に育てたいという願望が生まれてしまったのも面白いと思いました。(50代女性)
全く期待していなかったのですが、見てみたら面白かったです。バーで、けむりガラスだとわかったけど、証拠ないから〜とか勤務時間外だから〜とか割り切れているところが、あの子はバカなのか利口なのかなんだか色々楽しみだなぁと思いました。頼りない社会人を世話してしまうけむさんがどうしてあそこまで色々やってくれるのかな、お人好しなのかなと思ってみていましたが、その理由が「お前が俺を見つけた」っていうの、良かったです!(50代女性)

ドロ刑 -警視庁捜査三課-の第1話無料視聴動画

Pandora.tv
B9
Dailymotion
tver

Youtubeで検索
Pandora.tvで検索
Dailymotionで検索

コメント