コウノドリ第2シリーズ-無料動画&第1話からあらすじとキャスト(ネタバレなし)

メイン画像

あらすじとみどころ(ネタバレなし)

本文

キャストと登場人物

本文

コウノドリを見た人の感想

新生児医療の現場で奮闘する先生の話です。
年齢的に周りでも妊婦さんが多くいて、身近な事と捉えて毎回見ていました。
特に、産後うつや流産の回では大変共感でき、現代の孤立した子育て事情や不妊に対する問題点が浮き彫りにされていて涙なしでは見られませんでした。
妊婦さんには、出産にはリスクがあるとの視点から初産の人は観るのが怖いと言っている人も多かったですが、特に若い世代の人には観て欲しいと思いました。
小学校の娘も観る中で、小さな命の大切さを知り助産師になりたいとの夢を語っていました。(30代女性)

コウノドリは、綾野剛が主演で出ているところから見ることになりました。初めてのDR役なので見て見たいと思ったのです。見ると、とてもはまり役でにあっています。しかも産婦人科という分野で難しい医師役ですが見事に演じていたので感動しました。産科では、いろいろなドラマがあります。それをこんなに熱心に聞いてくれる医師や助産師がいたら、どんなにいいだろうと思った事でした。医師や助産師も感動することができるドラマです。(50代女性)

ペルソナ総合医療センターの産科で起きる、妊娠そして出産を舞台に様々な人間ドラマを見せてもらいました。
1シーズンでは、特に出産をメインに命の尊さを感じる事が出来ました。出産した我が子が未熟児だった事、最愛の妻が出産し死亡してしまうなど先の不安に悩まされながらも生きていくと言う内容は考えさせられました。
2シーズンでは産後ノイローゼになったり、出産を諦めなくてはいけない状況など私自身が現在育児をしていてとても身近にある出来事が描かれていて目が離せなかったです。
出産は大変ですが、その後に待ち受ける育児も大変で現実味があり共感が出来るドラマでした。(30代女性)

コウノドリというドラマは鴻鳥先生という名前の産婦人科医が主人公のドラマで、妊娠や出産などの環境の命をテーマにしたドラマです。一話ごとに題材は変わりますが、命をテーマにしていて命が産まれるというのは奇跡なんだと思わせてくれます。毎回、見るたびに泣きたくなってしまし、話によっては泣いてしまいました。ドラマを見ていた時は、子どもを出産したばかりで、いつも思った通りに出来なくてイライラしてしまうこともあったのですが、ドラマを見ると健康に産まれてきてくれたことに感謝しようと思わせてくれました。あの時にコウノドリというドラマに会えて良かったと思っています。(30代女性)

コウノドリを見るには

本文

 

コメント