僕らは奇跡でできている-第10話の見逃し&無料視聴動画-[2018年12月11日放送]

僕らは奇跡でできているの第10話-好奇心は終わらない!のあらすじ

僕らは奇跡でできているの基本情報やキャストなどもっと詳しく見るには詳細ページへ

僕らは奇跡でできている-無料動画&第1話からのあらすじとキャスト(一部ネタバレ注意)
僕らは奇跡でできているの基本情報 【放送日】:2018年10月9日~ 月 日(毎週火曜日21時~21時54分) 【放送局】:フジテレビ 【原作】 :オリジナル(橋部敦子) 【演出】:河野圭太/星野和成/坂本栄隆 【脚本】:橋部敦子...

僕らは奇跡でできている第10話の予告動画

僕らは奇跡でできているの第10話を見た人の感想

ネタバレなしの感想

前回ないしはそれ以前の回からの謎解きの部分が多かったので、伏線となる返答やその理由がはっきり分かってスッキリできたのは良かったと思います。
ただ、エンディングに関しては登場人物が多い分、全員のその後を不自然さ無しに描ききるというのはやはり難しいのかな、という印象を受けました。
特に主人公に関して最後はどうなるのだろうと冒頭から楽しみにしていただけに、ひねりが全く感じられず残念でした。(30代女性)
樫野木からひどいことを言われ、ショックを受けた一輝が心配でした。でも、一輝の出した答えは、そんなことではなく壮大な夢で驚きました。いつからそんなことを考えていたのでしょう。一輝は、育美にもいい影響を与えていましたね。どんどん新しい事を始めようとする育美は、よりステキな女性になったように見えました。変わり者の一輝が、いろんな人と関わり合い人として成長したように感じました。動物行動学?と思っていましたが意外と面白かったです。一輝の笑顔に癒されたドラマでした。(40代女性)
動物のことがたくさん紹介されていたり、恋愛要素がすくなかったので子供たちと楽しく見れました。ストーリーとしてはゆっくりな展開で終わりが読めなかったドラマです。ずっと平和だったのに9話での展開はひやひやしました。でも最終話はみんな幸せな終わり方だったので満足して終えることができました。ちょっと予想できない展開だったのでびっくりしましたが。私としてはもうちょっと水本先生とのその後を書いて欲しかったですが、このドラマにはふさわしくないのかなとも思います。最後はちょっとつめこみすぎだったように感じました。疲れた心を癒してくれる、幸せな気持ちになるドラマでした。(30代女性)
コミカルなドラマですが、主人公を含めて登場人物がそれぞれ秘密や悩みを持っていて、秘密が少しずつ明らかになったり、悩みが薄れたりして、気持ちがよい作品でした。
また、主人公が自閉症気味なので、ストーリーが少し強引に進んで行き、皆さんはバカバカしさを感じるかもしれませんが、私も自閉症ではないですが、人付き合いが苦手なので、共感さえ持てました。
自分にも何か通じるものがあるので、楽しく見ることができました。(50代男性)
変われない自分、普通であることがつまらいと思っている学生に向けて、鮫島先生が語りかけるシーンがとても良かったです。相河先生のことを話す鮫島先生の優しさがとても感動しました。やりたい事が見つからなくても、変われない自分だったとしても、それはそれでOKじゃない!と、進路に迷う子どもたちへ言ってあげたくなりたくなります。最終回、相河先生とツライお別れが待っているのかと想像していたのですが、全然そんなことはなく、面白い未来を想像できました。とってもスッキリした終わり方で良かったです。(40代女性)
毎週、家族で楽しく見ていました。最終回はどんな感じで終わるんだろうと予測不可能でしたが、特に恋愛が成就するという訳でもなく、最終的にかずきさんが宇宙へ行くということで終わったので、結局、このドラマは何が言いたかったんだろうという感じがして、番組の終わり方が正直つまらくてガッカリでした。せっかくなら最終話は満足出来るものであってほしかったです。印象の薄いドラマのように感じました。(40代女性)

一部ネタバレありの感想

樫野木先生、前回酷いこと言って一輝さんを傷つけたのでムカついてましたが、樫野木先生も辛かったんだなと思えてきました。
でも家族や収入の安定の為とかいってやりたい事を我慢してもうまくいかないんですね。
我慢して生きて、それを家族の為にそうしたのにとイライラしたら本末転倒でしょう。
そして、一輝さんは本当は樫野木先生と仲良くしたかったのかとなんか嬉しくなっちゃいました。
最後、また元気になった一輝さんが飛び立つ姿に見てて幸せになりました。(30代女性)
今期ドラマの中で一番おもしろかった!世界観がすごく好きでした。穏やかな気持ちで見ていられるのが良かった。
登場人物、一人一人キャラが立っていて誰一人として不要な人物はいない。
一輝さんの辛い過去にも心揺れ動かされ、一輝さんの真っ直ぐな人柄がとても素敵で、一輝さんの生き方が羨ましいです。
最終回の最後は宇宙に飛び立つわけですが、映像がちょっと…安っぽかった。宇宙での映像はいらなかったのでは?と感じました。(30代女性)
一輝の自由奔放、天真爛漫さは最終回まで変わらず健在でした。
樫野木から酷い言葉を言われて引きこもってしまうのか、と思いきや見事な立ち直りをしてくれてホッとしました。
最初から見ていて、一輝は、ある種の発達障害を持っているのかな?と思ったので、周りの寛容な対応が必要だと思いました。周りの人は自分を犠牲にしてまで我慢することは無いですが、樫野木の様な対応はちょっと考えものです。
一輝の様に周りと同じ事が出来ない人には何かが隠されています。
もしそれが子供だったら、それをなるべく早くに見つけてあげて、将来その子が社会で上手くやっていけるように周りが教えてあげないとダメだと思います。
既に大人になっていたら、周りの人が少し考えて、それに気が付いてあげられると良いと思いますが、中々難しいですよね。
一輝には、家ではおじいちゃんが居たし、山田さんも帰って来たし、職場には鮫島先生が居るのですごく恵まれていると思います。
が、この中で一番長く生きるのは一輝です。
山田さんや鮫島先生は、一輝がこれから一人でも生きて行けるようにしてあげる必要があると思います。一輝は、頭は良いのですが、精神年齢が低いので、育実を恋愛対象として好きになるかは少々疑問です。でも可能なら、山田さんと同じ様に、将来は彼女に託すのが一番良いかな、と思いました。
とは言え、最終回までのところ、まだそんな様子は全然無いようで残念でした。
育実と言い、琴音と言い、可愛い人達にモテているのに、一輝にはそんな気持ちがまだ?持てないのが勿体ないですね。
しかし彼の目標は半端じゃなく、水泳もロシア語もその為に習い始め、目標に向かう姿勢は本当に素晴らしいと思いました。
一輝はこのまま一生、一輝らしく自分のやりたい事をやってもらいたい気持ちと、育実との恋愛が進展して欲しい、という気持ちの両方が残りました。
いずれにしても大学は辞めずに残って、ゼミを持ちながら夢に向かって欲しいと思います。(50代女性)
とても素晴らしい回でした。要潤演じる先生に、厳しい事を言われ、一時は落ち込んだ相河先生でしたが、自分の幼少期からの出来事や、自分の心が本当は何を求めているのか、という事を探り、答えを見つけ出す姿がとても素敵でした。一見、自分方位で、周りを振り回してしまっているような相河先生の言動は、本当は誰もが憧れ、出来ない自分に気づいてしまい、苛立ったり苦しんだりしてしまうのかなと思いました。誰でもなりたい自分になれる、努力できる、と思わせてくれる素敵なドラマでした。(40代女性)

僕らは奇跡でできているの第10話無料視聴動画

Pandora.tv
B9
Dailymotion
tver

Youtubeで検索
Pandora.tvで検索
Dailymotionで検索

コメント