ドロ刑 -警視庁捜査三課–第9話の見逃し&無料視聴動画-[2018年12月8日放送]

ドロ刑 -警視庁捜査三課-の第9話-のあらすじ

ドロ刑 -警視庁捜査三課-の基本情報やキャストなどもっと詳しく見るには詳細ページへ

ドロ刑 -警視庁捜査三課-無料動画&第1話からのあらすじとキャスト(一部ネタバレ注意)
ドロ刑 -警視庁捜査三課の基本情報 【放送日】:2018年10月13日~ 月 日(毎週土曜日22時~22時54分) 【放送局】:日本テレビ 【原作】 :ドロ刑(福田秀) 【演出】:大谷太郎/中島悟/高橋朋広 【脚本】:林宏司 【...

ドロ刑 -警視庁捜査三課-第9話の予告動画

ドロ刑 -警視庁捜査三課-の第9話を見た人の感想

ネタバレなしの感想

今回は煙鴉が動き出しました。斑目と仲良く飲んでいたのに、それは実は利用するためだったなんて信じたくないですね。13係に宣戦布告した意味は何なのでしょう。皇子山は妹の件で、煙鴉を疑っているから斑目へのあたりが強すぎです。斑目は、煙鴉に情報を漏らしたと言われ、かわいそうでした。どこまでも煙鴉を信じたいのに、撃たれてしまいショックも受けますよね。でも、このおかしな行動は斑目や13係に何か調べさることが目的に感じました。今回わかったことは、係長は煙鴉と知り合いで本名まで知っているということ。煙鴉が何をしたいのかも知っているようでした。大きな事件が隠されているのかもしれませんね。(40代女性)
煙鴉は、一体なぜ斑目の前に現れては消えるのか、かなり気になります。
そもそも、なぜ斑目だったのか。
刑事として、かなり未熟で、熱意も感じられなかった筈の斑目の、どこを煙鴉が目に留めたのか、全く分かりません。
更に、七波や阿川といった名前を、なぜ斑目の前に置いていくのか。
本当の目的は、きっと斑目に関係があるのではないかと、ついつい気になってしまいます。
斑目に銃口を向けたのには、とても深い意味があるのではないかと、ついつい思ってしまいます。(40代女性)

一部ネタバレありの感想

これまでは斑目くんと煙鴉さんの凸凹コンビが事件を何だかんだ上手く解決していく感じで微笑ましい気持ちで観ていました。
でも、実は煙鴉さんには色々と事情があってこれまでも隠れて斑目くんを利用していたのか、とちょっとショックでした。
ゆとり世代のマイペースな斑目くんを気に入ってたのはホントだと思うんですけどね。
煙鴉さんが次回13係に捕まって、皇子山さんの妹が死んだ事件の全てが分かるのが楽しみです。(30代女性)
だんだんと影を見せてきたケムさんですが、決して悪い人ではないと信じながら追いかける斑目に感情移入しながら見ています。
信じたい斑目の気持ちも分かるし、それでもケムさんが盗みに入っているのは事実だし、感情が揺さぶられます。
あの病院と、そして皇子山の妹とケムさんの関係がどうなっているのか、最終回直前にしてもまだわからないので、最後まで楽しみです。
私は、ケムさんが実はすごく良い人でみんなを救う為に盗みを働いているのではないかと思っているし、そうであって欲しいです。(20代女性)
煙鴉が最初から斑目を利用していたことを知り、少しショックでした。しかし、そう言わなければいけない事情があったように思います。
煙鴉は何かをやろうとしていて、それには警察にも協力してもらわないといけないことのような気がします。また、係長や皇子山と煙鴉の関係も気になります。
最終的にはどうなるのかかなり気になってしまいます。煙鴉と斑目の関係は今のままではなく、元のようになってほしいと思っています。(50代女性)

ドロ刑 -警視庁捜査三課-の第9話無料視聴動画

Pandora.tv
B9
Dailymotion
tver

Youtubeで検索
Pandora.tvで検索
Dailymotionで検索

コメント