下町ロケット(2018年版)-第4話の無料視聴動画-[2018年11月4日放送]

下町ロケット(2018年版)の第4話-涙の別れ!鬼の経理が退社!!裏切者は誰?逆襲へのあらすじ

準備中

下町ロケット(2018年版)の基本情報やキャストなどもっと詳しく見るには詳細ページへ

下町ロケット(2018年版)-無料動画&第1話からのあらすじとキャスト(一部ネタバレ注意)
下町ロケット(2018年版)の基本情報 【放送日】:2018年10月14日~ 月 日(毎週日曜日21時~21時54分) 【放送局】:TBS 【原作】 :下町ロケット ゴースト(池井戸潤) 【演出】:福澤克雄/田中健太 【脚本】:丑...

下町ロケット(2018年版)第4話の予告動画

下町ロケット(2018年版)の第4話を見た人の感想

ネタバレなしの感想

私の好きな登場人物である、殿村経理部長に焦点が当てて描かれていて大変満足しました。帝国重工の審査部からいきなり言われても、先回りして事前に資料を作っておいたりなど、相変わらず素晴らしい仕事ぶりに加え、パート1にて殿村経理部長の人気が高かったおかげか、本作では家族や実家のコメ農家のストーリーまで設定が行き渡っていて、とても面白いです。
でも、コメ農家を継ぐことを考えて、もしかして佃製作所を退職してしまうのか、今から来週の展開が待ちきれません。(30代女性)

一部ネタバレありの感想

中川弁護士と通じていた裏切者が末長弁護士だというのは想像通りでした。ギアゴーストに近い人だということと、以前クロスライセンス契約の件を、分かっていながら教えてあげなかったことなどから想像がつきました。まだ確証をつかむところまでは行っていないようですが、早く証拠をつかんで明らかにし、すっきりさせて欲しいです。
殿村と佃社長の心の結びつきには泣かされました、一方で伊丹社長の様子が気になります。島津とは強い信頼関係で結ばれているはずなのに、島津には伝えず一人で抱え込んで動いているのはなぜなのでしょうか。次回はこの2人がどうなるのかにも注目したいところです。(50代女性)
この4話は何と言っても、殿さんと佃社長の二人の熱のこもった、やり取りにつきるでしょう。もう、見ながら涙腺崩壊でした。
互いに認め合い、励まし合いながら紆余曲折乗り越えてきた二人。父親を思い、究極の選択で退職を選んだ殿さん。辛かったでしょう。あんなにも会社を大事に、仲間を信頼していた人だから。そんな殿さんに、「よく、決心したな」と涙ながらに言える佃社長の温かさ大きさ。今思い出しながらも、涙が出そうです。今でこそ、この窮地の時でこそ、彼を何より必要としているはずなのに…。このワンシーンで、二人の絆の強さが、互いを思いやる温かさがずーんと心に響きました。(40代女性)
いつもの下町ロケットのようにハラハラドキドキする仕上がりになっていました。15億のお金を出すということで、帝国重工から信用調査を受けることになった佃製作所ですが、全力で、向かっていきます。そして、殿村経理部長の活躍が見ていてとても面白いです。ピンチになったときに、いつも問題を解決していくので、自分の生活でも頑張っていこうという気持ちにさせてくれます。裏切者が誰なのかもみどころになっています。(40代男性)
裏切り者の正体が明らかになり、驚愕でした。仲間のふりをして、騙していたのかと、許せない気持ちになりました。また、具合の悪い父親の田んぼをどうするか、悩んでいた殿村が、佃製作所を退職し、畑をやる事を決意して、佃社長にその想いを伝えるシーンが泣けました。お互いにとって、どれだけ大切で、特別な存在であったのか、2人の絆を感じ、熱くなりました。困難ばかりだけど、諦めない心で、頑張ってほしいと思います。(40代女性)
第4話は、殿村さんとギアゴーストの話がメインで、佃社長の出番も少ないし、面白くなかったわけではないけれど、消化不良気味です。佃製作所はギアゴーストに関わってばかりいて、本来の仕事はどうなっているの?と思ってしまいます。
ギアゴーストの内部にスパイがいて、それが弁護士の中村梅雀だった!というのも、やっぱり~、という感じでした。そもそも、梅雀がキャスティングされていることで、単なる弁護士ではないだろうと、誰でも思うのではないでしょうか。神谷弁護士の観察眼は、探偵並みに鋭いと思いました。(50代女性)
ギアゴーストの件で内通しているのが、顧問弁護士だということに少し驚きました。しかし、弁護士同士ということであれば、そのようなことがあってもおかしくはないのかもしれません。
今後、佃製作所がどこまでギアゴーストを支援していけるのかわかりません。どのような結果になったとしても、悔いの残らないようにやってほしいです。
殿村部長が会社を辞めて家業を継ぐことになったのは残念ですが、これからも違う形として関わっていくと良いと思います。(50代女性)
ギアゴーストの買収で佃製作所の人達が特許問題を真剣に解決しようとしている中で、肝心の伊丹社長が裏で悪い事を工作している様子が有り、何とも言えない気持ちになりました。いつも割を食うのは一生懸命やっている佃製作所の社員ばかりですが、佃社長の人柄が会社を引っ張て行く姿には毎回感動しています。殿村経理部長が会社を辞めて大変な事になりそうな予感もしますが、これからの展開でハッピーエンドになる様に期待しています。(60代男性)
殿さんが実家の米農家を継ぐ決意したところで自分も実家が米農家で同じような決意をした時のことを思い出しました。私の場合は佃社長のような熱意の溢れ出る社長ではなかったのであのシーンのような感動にはならなかったですが会社を辞めて新しい仕事になるときの寂しさや不安がにじみでたシーンでとても感動しました。二人が涙を流しながら感謝しあいながら、社長が殿さんに言った、「今度は俺に背中を押させてくれ」これには目頭が熱くなりました(30代男性)

下町ロケット(2018年版)の第4話無料視聴動画

Pandora.tv
B9
Dailymotion
tver

Youtubeで検索
Pandora.tvで検索
Dailymotionで検索

コメント