まんぷく-第5週(25話~30話)見逃し&無料視聴動画-[2018年10月29日~11月3日放送]

まんぷくの第5週(25話~30話)-信じるんです! のあらすじ

長く続いた戦争がようやく終わり、疎開していた福ちゃん、萬平さん、鈴さんは大阪に帰ってきました。待っていたのは、敗戦後の厳しい現実。大空襲を受けた大阪は、ほとんどの家々が焼け、食料が大きく不足していました。配給では足りないため、闇市で高いお金を払って食料を買わなければなりません。福ちゃんたちはお金を手に入れようと、持っていた着物を売っていきますが、だんだん売る物もなくなり、困っていたある日、萬平さんがある商売を思いつきます!
引用元 NHK

まんぷくの基本情報やキャストなどもっと詳しく見るには詳細ページへ

まんぷく-無料動画&第1話からのあらすじとキャスト(一部ネタバレ注意)
まんぷくの基本情報 【放送日】:2018年10月1日~2019年3月31日(8時~8時15分) 【放送局】:NHK 【原作】 : 【演出】:渡邊良雄/安達もじり 【脚本】:福田靖 【主題歌】:あなたとトゥラッ...

まんぷく第5週(25話~30話)のまとめ動画

まんぷくの第5週(25話~30話)を見た人の感想

ネタバレなしの感想

戦争が終ったあとのほうが日本は大変なことが多かったのですね。今はお金が必要なら女性はパートでも簡単にできるけど、この頃は無学な女性が多いし子供もいて難しい。何より仕事がないというのが厳しいですね。
萬平が将来についてどう考えているのか、福子は何ひとつ不安になることなく信じているのが素敵だなって思います。萬平はこの福子の明るさに助けられているんでしょうね。そして人間として素晴らしい萬平、こういう人が成功しなくて誰が成功するの?と思ってしまいます。(30代女性)
まんぷくを見ていつも冷や冷やしてましたがやっと万平さんが保釈され戦争も終わりこれからものづくりに専念していくのが楽しみです。ハンコづくりはとてもいいアイデアと思い共感してしまいました。
福子さんの明るさと前向きな姿に頭が下がります。ハンコづくりも子供たち全員で力を合わせて仕事する時代で今の時代とはまた違う良さがあるものだと思いました。泥棒に入った人を追い出さずにそのまま家においてしまうのはびっくりしました。旦那さんが戦争から帰国出来たのもホッとしました。(50代女性)

一部ネタバレありの感想

戦争が終わり貧しい中でどう生きていくのかを問われた週でした。そんな中で萬平の閃きによりハンコを作り始めたことで萬平の発明家としての一部を垣間見ることができたのかなと思いました。そして戦争に駆り出されていた身内の男たちが続々と帰ってきたり福子の友達や萬平の元の勤め先の関係者との再会と戦争前に出演していた人たちが特に欠けることなくほぼ出てきたことで今後の萬平・福子の拠り所になっていくのだろうなと思いました。(40代男性)
毎週ちょっとハッピーがある「まんぷく」今週は萬平さんの発案でハンコ屋さんを始め、家族がちょっとうるおって安心しました。同業者が増えすぎてすぐに売り上げは下がっていくのは残念ですが。そして忠彦さんが戦争から帰ってきましたね!
土曜日には真一さんも帰ってきました。都合が良いと言われても、朝のテレビはハッピーな方が気持ちいいです。泥棒に入ったのに、家族(鈴さん以外)の人の良さにすっかりなついてしまった神戸くんが可愛くて、今後が楽しみです。(40代女性)
家族みんなで力をあわせて、はんこ屋をやって稼いでいるのには、たくしましいなと感心させられました。また、戦争から姉の旦那も帰ってきてひと安心でしたが、戦争で目をやられてしまい、色の区別がつかなくなり、画家としては致命傷だとわかったときに、一緒にがっかりしてしましました。戦争って終わってからも人々の心や身体に深い傷を残しているんだなあとあらためて感じさせられるシーンでした。(50代女性)
萬平さんの思いつきで始めたハンコ屋さんが当たり、売上をどんどん伸ばしていきました。
その分、ハンコを作る仕事が増えていき、忙しくなっていきましたが、それは嬉しい悲鳴だったと思います。
そんな時、復員兵の泥棒が入り、大騒ぎになりますが、結局、その男性は大阪帝大出身ということで、子供たちの家庭教師をやることになりました。
さらに克子姉ちゃんの旦那さんや、咲姉ちゃんの旦那さんも復員し、福子たちは家を出ることになしました。ようやく、福子たちの新たな生活がこれから始まるようです。(50代女性)
こういった創業物語に興味があったので、見ているのですが、福子が幻灯機を開発する長谷川博己と出会うシーンが少々あっさりしているなと感じました。さらに、時代背景もそうなんですが、先が読める感じで、いかにもな昭和のラブストーリーで何のひねりもないなとちょっと思ってしまいました。
創業物語ということで見ていて、ラブストーリーのところはあまり興味が無いので、ビジネスでのし上がっていくシーンを早くみたいなと思っています。(30代女性)
戦争も終わり、萬平の提案で、ハンコ作りで生計を立てていたところ、戦争に行っていた男性陣が戻ってきて、全員無事に戻ってこれてよかったな、と思っていました。しかし、ハンコ作りからラーメンにどうやって変わっていくのか疑問でしたが、舞台が泉大津に代わり、倉庫も手に入れたことで、ラーメン作りに一歩近づくのかな、と思いました。ただ、日清は泉大津ではないので、実話とは違って、泉大津でラーメンを作るのか、ここからまた何か事件があって、引越し、ラーメンつくりを始めるのかな、とこれからどうなってラーメンにたどり着くのか気になって毎日楽しみに見ています!(30代女性)
終戦で疎開先から大阪に戻ってきた福子たちは、自分たちの住んでいた家が跡形もなくなっていることに愕然とします。
戦争の傷跡が多く残る大阪で、主人公だけでなくそこに生きるすべての人が日々を生きるために必死な様子が印象的でした。
また出兵した忠彦さんや真一さんが無事に戻ってきたことや、泥棒に侵入したことで福子たちと行動をともにすることになった神部も登場し、今後に向けて少しずつ希望が見えてくる展開で良かったです。
加地谷さんとの再会では、自分を陥れたにもかかわらず許すことのできる萬平さんの懐の深さや優しさが垣間見れて感動しました。(30代男性)
戦争が終わって、家族みんなで生きていくことに必死でがんばる姿がとてもよかったです。きっと、苦しいことや悲しいことが多いはずなのに、ふくちゃんのみんなを笑顔にするような癒し系の発言が見ていて思わず笑ってしまっていました。
鈴さんがキリキリしている分。ふくちゃんのほわんとした発言が、みんなを笑顔にして和ませていて、とても良かったです。戦争で出兵していた、義理のお兄さん達もなんとか無事に帰って来て、本当に良かったなと思いました。(30代女性)
真一さんが生きて帰ってくることができて本当にホッとしました。夜の浜辺のシーンがとても綺麗でロマンチックだったので朝から癒されたしテンションが上がりました。何かに没頭すると周りが見えなくなる萬平さんの暴走機関車っぷりが純粋で子供っぽくてよかったです。萬平さんが次はどんな新しいアイデアを生み出すのか福ちゃんと一緒に私までとてもワクワクドキドキすることができるドラマです。(30代女性)

まんぷくの第4週(25話~30話)無料視聴動画

Pandora.tv
B9
Dailymotion
tver

Youtubeで検索
Pandora.tvで検索
Dailymotionで検索

コメント