僕とシッポと神楽坂-第4話の見逃し&無料視聴動画-[2018年11月2日放送]

僕とシッポと神楽坂の第4話-救いたい!!可能性がある限りのあらすじ

準備中

僕とシッポと神楽坂の基本情報やキャストなどもっと詳しく見るには詳細ページへ

僕とシッポと神楽坂-無料動画&第1話からのあらすじとキャスト(一部ネタバレ注意)
僕とシッポと神楽坂の基本情報 【放送日】:2018年10月12日~ 月 日(毎週金曜日23時15分~24時15分) 【放送局】:テレビ朝日 【原作】 : 僕とシッポと神楽坂(たらさわみち) 【監督】:深川栄洋 【脚本】:谷口純一郎...

僕とシッポと神楽坂第4話の予告動画

僕とシッポと神楽坂の第4話を見た人の感想

ネタバレなしの感想

1話から見ていますが、4話は最もトラブルとしてありそうな内容でした。医師として患者の飼い主にきちんとリスクを説明することが人間と同じく大切だと思います。
「どうにかしてあげたい」という気持ちは医療従事者として重要ですが、手術に伴うリスクもはっきり説明しないと善意だけではどうにもならないと思いますが、この辺はあまり触れられておらず、別の視点でストーリーが展開していったので、物足りなく感じました。(40代女性)

一部ネタバレありの感想

手術をしても助かる可能性が極めて低いワンちゃんでしたが、飼い主さんの強い要望で、コオ先生は手術に踏み切りました。奇跡というのはめったに起こらないものですが、それでもそれにかけたいという気持ちもあります。
ペットの動物たちは実験台ではないので、やはり命を一番に考え、尊重してあげたいものです。
今回の問題は動物だけではなく、人間でも十分にあり得ることだと思いました。
どのような選択をするのかは結局、最終的には家族の判断に委ねられます。結果がどうであれ、やはり悔いのない決断をしていきたいものです。(50代女性)
「ペットロス」と「風評被害」がテーマだったような気がします。
助かる可能性の低いワンちゃんに対して、ゼロではない助かる確率があるのなら…とオペを引き受け全力を尽くしたコウ先生。そのワンちゃんが助からなかったことで、ネットでの悪評を拡散されるのですが、「命と向き合いたい。オペは引き受けます。何度でも。」と強い意志と優しい気持ちで語るところがとても良かったです。ペットを飼った事のない私でも、毎回泣けるのは不思議なものです。相葉さんがコウ先生の役にはまっているからなのか、主人公と相葉さんの醸し出す穏やかさに、ドラマの中の登場人物と同様に観ている側も癒され感動をもたらすのかもしれないですね。(40代女性)
今回も達也先生の懸命さが伝わりました。非常にリスクやの高い手術を最終的には諦めきれなくて実行をするとゆう可能性にかけている一生懸命なところが複雑で不安ながらも達也先生らしいなと感じます。結果的に犬のボンは亡くなってしまったので残念な悲しい状況を作ってしまいましたが達也先生の1パーセントの可能性にかけた懸命さと精一杯に頑張ったことは事実です。飼い主さんや星になってしまった犬のボンにも気持ちは届いていると思います。(30代女性)
助かる可能性がとても低くても、コオ先生は1%でも可能性があるのなら手術をすると言っていて、こういう人が本当の獣医だなと思いました。「命と向き合いたい」という言葉も響きました。
心臓疾患のある犬の手術をした後、亡くなってしまい、飼い主の息子がネットに医療ミスなど投稿してしまったことも、コオ先生は怒らず自分が悪いと言うので本当に心優しいなと思いました。
自分のリスクは考えずに、本当に動物や飼い主たちの為に獣医をしているのがすごくわかります。(20代女性)

僕とシッポと神楽坂の第4話無料視聴動画

Pandora.tv
B9
Dailymotion
tver

Youtubeで検索
Pandora.tvで検索
Dailymotionで検索

コメント