僕らは奇跡でできている-第3話の見逃し&無料視聴動画-[2018年10月23日放送]

僕らは奇跡でできているの第3話-少年を動物園に連れサル!?のあらすじ

準備中

僕らは奇跡でできているの基本情報やキャストなどもっと詳しく見るには詳細ページへ

僕らは奇跡でできている-無料動画&第1話からのあらすじとキャスト(一部ネタバレ注意)
僕らは奇跡でできているの基本情報 【放送日】:2018年10月9日~ 月 日(毎週火曜日21時~21時54分) 【放送局】:フジテレビ 【原作】 :オリジナル(橋部敦子) 【演出】:河野圭太/星野和成/坂本栄隆 【脚本】:橋部敦子...

僕らは奇跡でできている第3話の予告動画

僕らは奇跡でできているの第3話を見た人の感想

ネタバレなしの感想

こういった喜怒哀楽がはっきりしていない、ぽわーっとしたドラマは視聴率取れないんだろうなぁとか。実際自分も1、2話はなんとなくドラマをテレビで流しながら何かする感じでしたが、3話ですっかり心持っていかれました。こういったドラマを名前だけの人気タレントとかが演じると失敗傾向にありますが、さすが演技の上手い人が演じると深みが…。大人になっても子供の気持ちを忘れないどころか子供のままの相河一輝がとても可愛らしく、周りの人達との掛け合いもすごく素敵で和みます。(40代女性)
高橋一生役の一輝は、大学教授ですがどことなく不思議な雰囲気で、ズーラシアでの様子など、小学生の男の子と一緒に行動する姿も面白いです。節ごとと楽しく見ることができるので、けっこう楽しめるようになります。ボス猿の説明などズーラシアで話している姿はほのぼのとしたドラマなので、けっこう見ていると楽しく感じます。動物たち・飼育員さんとの会話などもよく見ると楽しめます。(40代女性)
一輝が小学生の時、音楽の授業で先生から「体を揺らさない!」と合唱の際に注意されます。その先生が注意したシーンに違和感を感じました。今の授業でも、こんな風に注意する先生はいるのか?と不思議に思いました。「なぜ?なぜ先生怒るの?」と思いながら見ていると、場面は変わり、一輝のおじいちゃんが「好きなだけ、好きな様に歌えよ」と一輝に言っている場面になります。その場面を見てなんだかよく分からない安心感が込み上げてきました。
今回の第3話は、皆と一緒じゃないといけない。皆と一緒だと安心する。という、人間の心理がテーマだった様に思います。動物好きの不思議な大学の先生というドラマではなく、現代の情報が氾濫している世の中で、その情報に振り回されている人たちへのメッセージの様なドラマだと感じます。
体裁を気にして、自分の行動に何かと理由付けする育美の人物像が好きになれません。(40代女性)
高橋一生さんが演じる大学教授の一輝さんが魅力的すぎます。実際、職場など身の回りにいたら聞いたことに対して率直に答えてくれない一輝さんにイライラしてしまうかもしれません。
でも動物をとても愛していて、観察力が鋭くてマイペースに自分の人生を楽しんでいる一輝さんがとてもうらやましく思ってしまいます。
私はどちらかというといつも小さなことで悩み、忙しい毎日に辟易している榮倉奈々さん演じる歯科医師よりです。特に1話目に出てきたウサギとカメの話にはハッとしました。私も歯科医師のようにどこかウサギの部分があるのかもしないと。
ほのぼのとしている中で生き方について勉強させられるいいドラマだと思います。(40代女性)
動物園ですごく嬉しそうに、好奇心を持って動物を見ている虹一が活き活きしていてよかったです。自分の子供もそのようにいきいきと好奇心をもって何かに取り組んでほしいと思いました。そのような子供の心とつながる相河先生、人間関係をつくるのが苦手で社会とのつながりをもつのは難しそうですが、ドラマの中でなら素敵な人として見ることができます。実社会でも相河先生のような人に関わってみたいと思いました。また子供が楽しいと思えることをちゃんと理解できる、知ることができる母親になりたいとドラマを見ていて思いました。(30代女性)

一部ネタバレありの感想

回を重ねるごとに、面白くなっているように感じます。最初は、自分方位で、人の話を聞けない、風変わりな主人公だと思っていたのですが、幼少期の様子や、温かい祖父の様子を見ていると、何か理由があったり、実は人の感情をとても理解していて、空気が読めない分、ズバリ言い当ててしまう、洞察力を感じました。初めは敬遠していた周りの人の、変化も見えるようになってきて、今後が楽しみです。(40代女性)
閉園のアナウンスがあっても、なかなか虹一君が戻ってこないので心配でした。しかし、相河一輝は絶対に戻ってくるという確信があったようで、実際その通りになって本当に良かったです。
もし、私が相河と同じように虹一君に方位磁針を渡していても、最後まで彼を信じることができたかどうかはわかりません。しかし、相河と同じように待ち合わせ場所を動くことはなかったと思います。
水本さんが相河に振り回されていると感じるのは、彼の何かに惹かれているからなのではないかと思いました。(50代女性)
1話目からどのドラマとも違う温かい雰囲気が出ていて、見ていて癒されます。
今回の話は、最近の育児の難しさも表れていて、子供自身が興味をもって、一番輝いた顔をしている物事に親が気づかず、厳しく叱り、断ち切らせるというポイントと、信頼してない人に勝手に子供を連れまわされた親の心配さというポイント、どちらもわかるのですが、2児の母、大変なのはわかりますが、もう少し子供に余裕の眼を向けてあげて欲しいと思いました。
その子の気持ちがよくわかる高橋さん演じる相川先生だからこその行動に、心で拍手を送りました。(30代女性)
相河先生の独特な言動に、毎回ほのぼのさせられたり、時にハッとさせられるドラマです。動物園で相河先生と虹一くんが再会したときの、本当に楽しそうな二人の笑顔に、見ている方もつられて笑顔になってしまいました。クスッと笑えるシーンや、相河先生が動物たちや虹一くんと接しているときの、やさしい空気に癒されます。でもほのぼのだけじゃなくて、なかなか理解をしてくれない虹一くんのお母さんとトラブルを起こしてしまったり、育美の穏便でない恋愛事情など、ピリッとするスパイスのようなシーンもあり、見ていて飽きないです。山田さんが相河先生の祖父の元を訪ねて、仏壇に手を合わせるシーン。相河先生の両親のことと何か関係があるのか…今後どう明らかになっていくのか、気になって仕方がありません。(30代女性)
動物園のサル山で、ボスザル交代か?といったお話でした。猿、チンパンジーなどを人間社会や男女に例えた話は、勉強になりました。
当初「ボスが代わるんです」と言ったので、勘違いしている意識高い系な要潤もなかなかナイスです。
そこへ、地味ぃーにねちっこい感じの児島もいい演技していると思いました。
相川って、発達障害とは思ってましたが、もしかしたらアスペルガー症候群ではないか?と、謝罪のシーンで感じましたが、「今回は障害が明かされるのではないか!?」と期待しましたが、残念ながらそこまでの言及はなかったです。
周囲が煙たがるのではなく、相川に影響、感化され、考え方、生き方が変わっていくさまがも逃せないと思いました。(30代男性)

僕らは奇跡でできているの第3話無料視聴動画

Pandora.tv
B9
Dailymotion
tver

Youtubeで検索
Pandora.tvで検索
Dailymotionで検索

コメント